みんな笑顔?ロジャーの評価~!フィッシャー

人間として!この本を読んで!「したたか」になりすぎても「人でなし」ですので!心からの「愛情」と!この本のノウハウをバランスよく配合することで!「真の仲間」を獲得できると思います。誰かに貸したっけ???。しばらく放置しているのでまだ読み切ってません。

これっ!

2017年10月02日 ランキング上位商品↑

ロジャー フィッシャーハーバード流交渉術 (知的生きかた文庫) [ ロジャー・フィッシャー ]

詳しくはこちら b y 楽 天

ちなみに!このような交渉術が広まれば!気持ちいい世の中になるのにな!と思いました。WINWINなど既に当たり前のはずの概念が、まだネーミングされずに大仰に述べられています。」の一言も実は大きな「交渉」なんです・・・。「どこやったっけ???。勝ち負けじゃないです。とはいっても!想像しやすい引用例が多いので理解の補強としては有用かなと思いました。それと!HOW TO本にありがちな余分な文章が少なくて!読んでいても苦にならずスンナリ頭の中に入ってくる気がするのは私だけでしょうか?多分!交渉に生きずまった時には又繰り返し読む本になりそうです。例えば!朝!妻に!「そこの新聞取って。 それぐらい「自分」を今日まで確立してきてくれた「バイブル」だった訳だが!私のもとに何かと相談してくれる方々に!「この本読むといいよ。交渉を幅広く捉えて応用がきく内容だと思います。実はこの本、10年以上前に購入していて、大変、自己啓発生涯学習)としてもかなり良本で、ビジネスにしても、地元の政治的な意見交換においても、はたまた、逐一所属する組織での議論においても、自分なりに重要案件を提案する一週間前にはこの本を再読し、あらゆる「返し」に対処できるようにしてきた・・・。購入後早々に届きました!(一緒に購入したDVDは未だに取寄中ですが・・・)同時期に携帯を機種変したため読み始めるまで時間がかかってしまいました。読みやすい本ではないですね。」と!しょっちゅうこの本を貸していたせいか!いざとなって改めて再読しようと思った時!手元や本棚に無かった・・・。改めて認識することのみ。気になったら読んでみてください。内容は基本的な事から目ウロコな事まであってそこそこ満足です。「相手をやりこめる」交渉術ではなく!「相手の実現したいことと自分の実現したいことを一緒に探る」交渉術ですので!日本人には向いていると思います。。これをみんな読めば余計なストレスなく交渉ごとに臨めます。特にコメントないですが、当たり前のことが当たり前に書いてある。でも!これを読んだから交渉力が上がるとは思えないやはりそれは自分で磨かないと・・・・と実感しました基本的な交渉術を知るためにはとても役立つ本です。必読です。間違っているかもしれないので、気になった人は読んでみてください。日常的な交渉ごとにも通じるところがあるので色々と勉強になります。でも、翻訳本の問題なのか、それとも原文がそうなのかわかりませんが、一部、読みにくいところがありました。また、かなり引用例の情報も古いです。初めの方を読んだ限りでは!うろ覚えですが!端的に言うとwin-winの交渉で自分の利益を確保しろということでしょうか。 結論は簡単!!それぐらい良書と思っているのだから、もう一度買えばいいだけ!! 「交渉」と言うと「固い感じ」を覚えますが、実は日常の中にしょっちゅう「交渉」ってしているんですよね。2日間のハーバード流交渉術のセミナーに参加して、実際に体験した上で購入いたしました。無言で取ってくれるパターン、「ええ?!」って言われるパターン、「自分で取れば!?」って言われるパターンなどなどで、それぞれのパターンに対して、次の一言を自分がどう言えばいいのか?どう言えば、その次の次回の交渉がスムーズにいくのか?のノウハウを、体系的に論述している本です。各章もポイントごとに的を得た説明がされているので!目次から知りたい情報を見かえす事が出来て役立っています。」 別に!人に本を貸す事を後悔なんてしていない。内容はよかったです。