アルスラーンが訳あり価格並みに激安♪

あんなにアッサリ…。が!純粋な気持ちが薄れてしまったのか!ワクワク!ドキドキが減ってしまったなぁ。それだけでもう読む気にはなれなくなっています。

こ、これですっ♪

2017年10月02日 ランキング上位商品↑

アルスラーン戦旗不倒 アルスラーン戦記15 (Kappa novels) [ 田中芳樹 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

皆殺しの田中に相応しい話でした。物語自体はチュルクが制圧されたあたりから変な方向に向かっているな!と思っていたからこれ以上は長引かせなくていいです。話の上でも主人公にとってもあらゆる意味で重要人物の退場、個人的にもかなり好きな人物であるにも関わらず、銀英伝タイタニアで味わった程のとてつもない喪失感がなかったのは、筆力の衰えに対する失望が否めないせいでしょうか。終わってほしくない気持ちもありますが・・16巻が待ち遠しいです!なんだか急な展開と思えなくもないが!終わらない物語よりはいいのかなー。とりあえず頓挫しなくてよかった。でも楽しんでアニメとともに見たいと思います。今回は私が好きなメインキャラが死んでしまい、これも寂しいです。この作品をしったとき主人公と同じ年齢でした。終わりには期待せず最終巻を待ちたいと思います。。(来年でアラフォーです)どんなラストになってもやっと終わったなーと思います。子供の頃ワクワクしながら読んでいた本ですが、大人になって読み返しても面白いです。大人になってから初めて読んだのですが!10巻位までは一気に読んでしまうほど!ぐいぐい読み進めていたのに!確かにその後はペースダウンしてます。銀英伝状態になるか!マヴァールになるか!ラストはかなり暗くなりそうな予感。絶対にラストページに後書きとか無いかなと先に見ない事をオススメします。別の彼を予想していた。死ぬ前の作者の御慈悲でしょうか。この作者さん自体は好きなのですが、メインの人物を殺しますからね…。やっと出たかという感じです。終わりが気になるので買うとは思いますが…。同シリーズ既刊で他のキャラの死亡時は納得出来るかどうかは別にして!割りと来るモノがあったんですが!今回ばかりは萎えの方が大きいです。いよいよ大詰めというところまできてしまいました。夫が読んでいる小説だそうです。口コミで急速な展開になって次回最終回と聞いたので残念です。何故もっと上手く死へ向かわせられなかった(死に方自体はそう悪くはないけれど)のかと言う悔しさが残ります。でも物語中でああいうことになったから危ないかなとは思っていた。。面白いそうです。次で最終巻。途中十数年のブランクを経て、やっとのこと終わりが見えてきました。前作から展開が多角化されてきていますその為!嘗ての細かな描写が欠けおり自己捕捉すべき事が多く且つ多面的な展開に追い付くのに少々無理を感じます早い話が「盛り込み過ぎ」感が否めませんオビに終焉が近いとの記載がDown気味ですが読み続けるに楽しみは続いている事に変わりはありませんあと一巻で終了予定だそうですが!最初から愛読しているので寂しいです。最近まとまった時間ができたので1巻から一気に読み返しましたが、やはり面白いです!!クライマックスに向け主要人物たちが命を落としていき・・解放王アルスラーンの物語がどのように完結するのか非常に気になります。立て捲った二人が亡くなりましたが、その死の場所へ至る流れがかなり強引と言うか不自然と言うか無理矢理と言うか…はっきり言えば”ご都合主義”な印象しかありません。ここまできたら最後まで買い続けたいと思います。。第2部の途中まではこの二十数年何度も読み返していましたが、この巻は正直もう二度と読みたくありません。やっと完結しそうです。他のレビューを購入してから読んだところ!迷走感があるとの書き込みが…。人間対妖怪の話は好きじゃないので、一部ほど好きになれなかったから次で終わってくれてよかったと思います。まあ小説ですが。以前のあとがきで予告されてはいたのですが!現実を受け入れられず。第2部話が斜陽に向かっていくのは承知の上でしたが、最終巻を前にして読者に「終わらせる為に投げやり」と思わせる様な展開は如何なものかと…自分が中学に入るくらいから読んでいる大好きなシリーズ。次巻で最終ということなので!最後まで買って読みたいとは思っていますが!今まで読んできた惰性と義務感だけです。理不尽さの極致を目指したなら成功と言えなくもないですが…こんな不自然な展開を、おそらくは唯一の”致命的な失策”で片づけないで欲しいです。ずっと読み続けている小説です。どんだけほったらかし?と思ってました。どんな結末になるのか楽しみです。はっきり言って、7巻以降はあまり面白くないです。あと何巻まで続くのか、何人まで残るのか・・・今後も楽しみです。届いてから拾い読みをして愕然、小説の中で一番大好きだったお方があっさりと…。その他にも些細ではあるけれど気になる箇所がいくつかあって!整合性に疑問符がつきました。まだ終わったわけではないので何とも言えませんが、大好きな個性的なキャラがどんどんいなくなっていくのでは、という恐怖を覚えました。そろそろメインキャラが危ないかな!と思っていたらあいつか。